教育研修制度

1. ジャルパックの人財育成方針
ジャルパックでは、総合パッケージツアー会社のプロフェッショナルとして、幅広い知識、経験、スキルとお客さま視点を兼備えた人財育成を目指しています。
また、JALグループ社員としての意識、価値観、目指すもの、ベクトルを合わせるため、入社後は継続的にグループ合同の教育に参加します。
研修の流れ
①入社後研修
ビジネスマナーを中心に、JALグループ企業理念、JALフィロソフィーなど、社会人としてのあり方やJALグループ社員としての心構えを学びます。
②OJT(配属先部門での専門教育)
入社後は、主に営業や予約など、お客さまとの接点部門でOJTを通じて、お客さま視点を身につけます。また、若手社員の教育の一環として海外拠点へ短期的に派遣することも行っています。現地では、ツアーデスクなどサービスフロント部門を中心とした業務を経験します。
海外での経験は、人間的にも大きく成長する機会になると捉えています。
③階層別教育
リーダー教育や新任管理職研修など、各階層で必要な能力を身につけ、自ら渦の中心として行動できる社員を育成します。
④豊富な通信教育、資格取得補助
自己研鑽する社員をサポートするため、200を超える豊富な通信教育講座を用意しています。
また、総合旅行業務取扱管理者研修や世界遺産検定など、旅行会社の社員として必要な資格取得のサポートも行っています。
2. ジャルパックの教育研修体系
ジャルパックの教育研修体系

このページの先頭へ